レーシックとウェーブフロントのヒミツ

レーシックの基本

レーシックの基本

様々なレーシックの基本となっているレーシックは「ケラトームレーシック」と呼ばれるもので、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。

 

この方法は、「マイクロケラトーム」というカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

 

近年の機械は、精度が高く、マイクロケラトームを使った手術でも安全性が極めて高くはなっていますが、問題点もあります。

 

マイクロケラトームを使ったレーシックの場合、機械の精度が非常に重要になってきますが、それと同様に、執刀医の技量にも大きく左右されるという問題点があります。

 

また、フラップのエッジも大きな問題点の1つになっています。

 

フラップの吸着が強ければ何の問題もなく治癒することになり、治癒するに従って段差も無くなるようですが、吸着が弱い場合には、まばたきを繰り返すことで、段差がきっかけとなり、治癒する前にフラップがずれてシワなどになる可能性が生まれてしまいます。

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • ウィペット

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME レーシックの基本 レーシックの歴史 ウェーブフロントレーシック ウェーブフロントアナライザー 今後の課題