レーシックとウェーブフロントのヒミツ

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

「ウェーブフロントレーシック」というのは、「ウェーブフロントアナライザー」という検査機を使ったレーシックの方法で、ケラトームレーシックとイントラレーシックのように手術法が異なるのではなく、これらのレーシックを更に精度を上げたものということが出来ます。

 

その為、ウェーブフロントアナライザーを使ったケラトームレーシックを「ウェーブフロント・レーシック」、ウェーブフロントアナライザーを使ったイントラレーシックを「ウェーブフロント・イントラレーシック」などと呼びます。

 

このウェーブフロントアナライザーをレーシックに使うことで、

 

 * 術後の光りのにじみの減少

 

 * ハロ現象、グレア現象などの副作用が出にくい

 

 * 乱視の矯正が可能

 

主にこういったメリットがあります。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • AGA 静岡

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME レーシックの基本 レーシックの歴史 ウェーブフロントレーシック ウェーブフロントアナライザー 今後の課題