レーシックとウェーブフロントのヒミツ

今後の課題

今後の課題

ウェーブフロントアナライザーの導入により、それまで効果が無かった乱視でもレーシックで改善することた可能になり、快復後の視界もより鮮明にすることが可能になりました。

 

しかし、この「ウェーブフロントアナライザー」は、導入されたばかりである為に、

 

  * 日常生活では、昼夜の明るさの違いなどが異なる為、解析によって得られた情報が全ての環境にマッチしない。

 

  * 通常のレーシックより角膜を深く削ることになる場合があり、角膜が薄い場合、適用出来ない可能性がある。

 

  * 手術の前後でフラップの形状が変化する為、フラップによる誤差が完全に解消はされない。場合によっては、通常のレーシックと効果が変わらない場合もある。

 

  * 通常のレーシックよりも価格的に高くなってしまう。

 

  * 年齢による視力低下まではカバー出来ない。

 

上記のような幾つかの課題も残されています。

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • No Match Data!


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME レーシックの基本 レーシックの歴史 ウェーブフロントレーシック ウェーブフロントアナライザー 今後の課題