包茎の認識間違い

包茎の認識間違い

包茎の認識間違い

包茎と言うと、なんだか恥ずかしい、人には言えない、
という雰囲気満々の不思議なものです。
まあおちんちんという男性のシンボルであり、同時に
見られると一番恥ずかしい(そうでない人もいますが・・)
部分なところがそういう状況にさせているのでしょう。

 

包茎治療包茎手術だって、例えば指や足を怪我して治療や
手術をすることになった時と、何が違うか?と言えば、
やはりその箇所を見られる恥ずかしさがある違いでしょう。

 

そのためか、包茎に関する認識間違いというのも結構あります。
真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と種類があることさえ、
あまりわからず、単に皮が少しでもかぶっていたら包茎?くらいに
思っている人も少なくないでしょう。

 

インターネットを見ていると、仮性包茎は包茎に入らないと
書いているところもありました。

 

包茎治療包茎手術も、包茎の状態が同じであっても、その人の
性生活などを含めて必要か不必要かが変わってくるため、
やる人がいれば、やらない人もいるってことです。

 

このような情報不足による認識違いこそが、包茎の一番の
問題なのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME レーシックの基本 レーシックの歴史 ウェーブフロントレーシック ウェーブフロントアナライザー 今後の課題